何かおかしいと思ったら悪性リンパ腫を疑って病院を受診しよう

何かおかしいと思ったら悪性リンパ腫を疑って病院を受診しよう

診察

悪性リンパ腫の原因

悪性リンパ腫ができる原因はわからない場合が多いと言われています。遺伝やウイルス感染によって引き起こされることもあるようです。

男女

様々な症状が出る

身体のあちこちに不調が出てくる悪性リンパ腫。首や足のつけ根など表面にしこりがででくる場合があります。また、発熱や立ちくらみ、かゆみなどを引き起こす場合もあります。

看護師

治療法は段階に応じて

治療法は悪性リンパ腫の種類や進行具合に応じて変わってきます。代表的な方法は、抗がん剤や放射線治療ですが、自分の免疫を高める免疫療法というものもあります。

受診の流れ

男女

症状を疑問に思う

原因がよくわからない、発汗や体重減少などの症状が起こっている場合は、受診してみましょう。ちょっとした身体のサインに気づいてあげることが大切です。

検査&診断

病院を受診すると医師の診断を受けます。状態に応じて精密検査をするなどして、不調の原因を探ります。

治療法などの説明

万が一悪性リンパ腫が見つかった場合、状況に応じた治療法の相談を行います。これからの治療の流れを説明しますので、不明な点は確認しましょう。

治療開始

治療法に納得するといよいよ治療が始まります。想像していたものと違う場合などは、気軽に質問しましょう。

経過観察

治療の効き目に応じて今後の計画を順次確認していきます。自分の状況が変化する場合もありますので、医師との相談は常に行って下さい。