糖尿病の食事メニューを知っておいしく楽しく過ごそう

糖尿病の食事メニューを知っておいしく楽しく過ごそう

和食

インスリンを作り高める

糖尿病の食事では、インスリンの働きを活発にすることが重要です。魚や大豆に含まれている成分がインスリンの働きを高めてくれるので、積極的に摂取しましょう。

ドクター

三食のバランスをとる

糖尿病に限ったことではありませんが、エネルギーの摂取量を均等に分けることが大切です。一回の食事で一度に多く摂取することは避けて下さい。

病院

糖質のバランスを考える

いつもの主食をより糖質の少ないものへおきかえしましょう。白米は玄米、小麦のパンはライ麦、うどんはそばへといったものに変えましょう。

糖尿病におすすめメニューランキング

医者と看護師
no.1

ライ麦パン・白湯・サラダ・ヨーグルト

朝食におすすめのメニューです。気軽に用意できるので、1位にランクインしています。パン食の方は参考にして下さい。

no.2

小麦粉を使わないそば・サラダ・ささみ

昼食におすすめです。コンビニでも手に入れることができるでしょう。ささみの代わりにモモ肉やヒレ肉を使ったものでも良いでしょう。

no.3

豆腐麺・サラダ・あじの塩焼き

魚を食べる場合は、青魚類を食べるようにしましょう。ほかには、いわしやさんまなどがあります。自分の好みに応じてアレンジしましょう。

no.4

雑穀米・わかめの味噌汁・納豆・焼き魚

大豆や魚を多く取り入れたメニューです。和食好きな方は毎日食べているかもしれません。糖尿病には海藻類も最適です。

no.5

玄米・あさりの味噌汁・豆腐ときのこのハンバーグ

少し手間がかかるので、夕食にすると良いでしょう。料理好きで工夫をしたい方におすすめです。バリエーション次第で様々な味が楽しめるでしょう。